対面にもWeb感覚で・・・か?

最近では、店に行くよりネットで申し込んだり、購入することが増えきた。画面に向かって入力し、こちらの意向を伝えることにも慣れてきた。サイトの側でも反応が敏感になってきたのか、素早い的確な対応には信頼と安心を感じることも多い。

 

本来は直接顔をみて、言葉を交わしてショッピングするというのは基本であり、原点であってこれに勝るものはない。多少高くても、説明が完ぺきではなくても生の対面の形を求めるのは自然である。やはりこのことは客にとっては貴重であり、店にとっては強みでる。

 

ところが、最近行ったある店の対応で、ふっとWebサイトで買い物しているのでは、との錯覚に陥った。何度も利用している、今まで結構買っているのに、そのことは全く関係ないかの様に振る舞われ、紋切り型の対応をされた。この店は大体店員の誰もがその様な対応であり、恐らく店の体質なのだろう。

 

業種はITPC関連である。さもありなんだが、業界の風潮とかスタイルというより、その店の、対応する人間によるようである。ともあれ優れたWebサイトの方がましであり満足を感じる様では、対面の意味がなくなると言うものである。

 

店側にとっては、時間をかけても多少高くても、と思って来店してくれる貴重な客を、対面と言う強みを生かし固定客にする絶好のチャンスではないだろうか。ここが店の繁盛するか廃れるかの岐路なのであろう。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Antonina Gongora (水曜日, 01 2月 2017 21:08)


    I like it when people come together and share views. Great site, continue the good work!