本質を掴むには

三度目の浄瑠璃寺
三度目の浄瑠璃寺
本質を掴む訓練はどうすればいいのだろうか、それは人の言葉を鵜呑みにしたり、大勢に流されていてはいけないのであって、常にその奥や裏を見るようにすることが大切ではないだろうか。

例えば、メディアの報じることも全てを信じているようではいけない。報じているものの中に立場の相違は何かや何かの思惑あるものを見極め、時には間違いもあるものを見つけ出し排除して、常に真実や本質を見つける習慣をつけることである。

さらに気を付けなければならないのは、自分自身が地位とか立場に固執すれば、本質が見えなくなるということである。

そしてさらに言えば本質だけでは物事が動かない、進められない場合もあるということである。真の本質はその本質だけではなく周囲の現実を含めた中にあるということなのであろうか。

このことは仕事していく上で、必要であるだけではなく、人生を歩んでいく上でも大切なことになってくることである。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Kelvin Phong (金曜日, 03 2月 2017 03:06)


    This article is actually a pleasant one it helps new the web viewers, who are wishing in favor of blogging.