iPadを手に入れた。

最初にパソコンと出逢ったのは、マイクロソフト社がウインドウズ3.1を出した頃で、アップル社のマックの存在は意識してはいたが、マックはアート系、技術系で、ビジネス系にはウインドウズとの空気が大勢であった。

 

そのため、余り考えもせずウインドウズを選び、以来パソコンライフはずっとウインドウズマシンを始めウインドウズ関連を使ってきた。

 

ふた月ほど前、高木利弘氏の、アップル社の創始者で昨年亡くなったスティーブジョブズの伝説からひも解く「ジョブズ伝説からコミュニケーションを考える」の講演を聞く機会があり、終了後に高木利弘氏の力作の「ジョブズ伝説」(三五館発行)という著書を買った。

 

スティーブジョブズのことがよく分かり、感動した。改めてその偉大さを知った。ITの世界を一般人に馴染み易く、使い易く、解放した最大の功労者であることを確認することが出来た。

 

OSやオフィスソフトを始め、IT関連の環境整備はマイクロソフトの提唱と戦略に沿う形で進めてきたが、いつもユーザーを追い込み、選択肢を無くし、自らのみを生かす形を作ろうとしているように思え、決して一般のユーザーの側というか立場は考えていないのでは、と感じていた。使い勝手なども大手向けや専門家向けの感が否めなかった。

 

私のような無思想で安易な選択に終始することが、結果的に、一企業の戦略に乗り踊らされ、ITの世界の健全なバランスと発展にとってマイナスの作用をしていたのかと反省しきりである。

 

中小規模の事業者にとって、最近のIT社会の高度化と進展は技術的にも投資の面からも限界にきている気がしてならない。

 

アップル社のスティーブジョブズのユーザーの視点に立った開発精神と言うのは、一個人や小規模事業者の視点にも重なってくるのではと思えてくるのである。

 

そんな経過があって、先月末に初めてアップル製品の新iPadを購入した。よく出来ていて想像以上である。ウインドウズとアップル系との併用になるが、ビジネスとプライベートに活用していきたいと思っている。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Ela Harwood (金曜日, 03 2月 2017 21:50)


    Wow! In the end I got a website from where I be able to genuinely take valuable information concerning my study and knowledge.

  • #2

    Lee Dowless (金曜日, 03 2月 2017 22:57)


    A motivating discussion is definitely worth comment. I think that you should write more about this subject, it may not be a taboo matter but usually people don't speak about these topics. To the next! Many thanks!!