常に、感動を呼ぶセミナーを

長い間セミナー講師をやっている、否やらせていただいている。人に誇れる経歴や肩書がある訳ではなく、特段の能力や話術を持っている訳でもないのに・・・と思う時がある。 

 

セミナー講師の仕事をしたいと思っても、させていただく場所がなければ出来ないし、実際にセミナーをしなければ、セミナー講師とは言えない、セミナー講師にはなれないのである。

 

運よく、させていただける機会が与えられたとしても、その1回が勝負で、そこで評価されなければ2回目はないのである。

 

そんな状況の中で、いつも考えていることは、セミナー受講者に満足していただき、喜んで帰っていただくことだけ、である。喜んでいただくには、分からなかったことが分かっていただき、新しいこと、役立つことを覚えていただくことである。それには分かり易く展開する事である。

 

その上で、なぜ覚えなければならないか、覚えればどうなるのかを伝え、さらに覚えなければならない、との気持ちになっていただくこと、それも前向きに意欲的にそうなっていただくこと、そして受けてよかったと感動していただくこと、これが大切なのである。ここまできて初めて評価をいただける。又やらせていただける、ということになってくるのであろう。

 

そんな考え方とやり方で取り組んできたことが、長くやらせていただいているところかなあと、自分ながら思っている。