新しい時代の本道を!

ソーシャルネットワークの時代が始まり、その中心になるメディアがスマートホンになるという。パソコン時代が始まり、パソコンが普及しだしてまだ三十年ほどしか経っていない(1980年入ってパソコンという言葉自体が生まれた)と言うのに、出来ない人もまだまだいると言うのに、この世界はもう次の次の段階に進もうとしている。

 

パソコン時代からインターネット時代、そしてスマートホン時代へとこの三十年で、急展開してきたIT社会の波はこの時代や社会を大きく変貌させている様である。

 

表面的には、大きな変化は感じられないかもしれないが、実質、実態としての仕事や生活の、意識や行動や考え方を見れば、急速に変わってきていることが実感できるのである

 

高齢者に言えることであるが、IT社会に対して、目をつむり通り過ぎることは不可能ではないが、それは脇道を行くようなもので、本道を歩むことにはならない。

 

爆発的に普及していると言われるスマートホンは、若者でも使いこなせていない人が少なくないと聞く、又携帯やスマートホンはこなせても、パソコンでのワードやエクセルは出来ないと言う人も結構いるようである。

 

いずれにせよ、ITの基本はパソコンになるのではないだろうか。パソコンでコンピュータの基本からを習得して、インターネット活用し、スマートホンへと進むのが基本ではないかと思っている。

 

事業者にとって急速に進化していく社会で、本道を歩むため、段階を踏んで慣れて、時代を生き抜かねば!