ローカルとクラウド

ローカルからクラウドへ、流れは太くなってきた昨今だが、会計処理の分野に限って言えばどうしても保守的というか、いわゆる機密データの安全性確保の観点からすれば当然の配慮ではあるが、ともかく旧来の方式をという観念が強く働くようである。

 

様々な利点を利用するために、クラウドの会計システムを導入していくには、最初に出会う関門かもしれないが、これを超えなければこれからのIT社会、IT時代を乗り切ることは出来なくなるのではないだろうか。

 

正式な会計処理が求められる組織、その多くを占める民間の企業、事業所としては、コスト面の配慮は避けられない大きな要素である。

 

本来、クラウドの一つの特長はコスト負担の軽減につながるということにあるが、会計処理システム分野で言えばローカルの製品によっては低価格化が進んでおり、クラウドのメリットが生かされていない現状がある。

 

例えは、ネットde会計と弥生会計を経費負担の面で比較すると、製品によってはローカルの弥生会計の方が実質的に費用が低く抑えられるということになっている。

 

今少しは、事業所の現状を把握してクラウドか、ローカルかを適切に判断して導入していく必要がありそうである。