隔世の感が・・

京丹後市・大宮でのセミナー
京丹後市・大宮でのセミナー

京都府の北部でのPC会計セミナー、ここの会場での開催は3年ぶりである。6年ほど前に初めて実施した時は、大勢の参加者があり、数年にわたり何回も実施してきた。

 

ここだけでも延べ人数で言えば、かなり数の事業者の方々に受講していただき、PC会計の紹介と普及に貢献できたかと、自画自賛の思いに浸っている。

 

十数年前、PC会計のセミナーを業務としてやる人間はほとんどいなかった。あちこちの商工会、特に京都、滋賀の商工会はすべて何度も回った。やっと開催にこぎつけた商工会で、ここは公の団体だからという理由で、当時はソフトの販売はしないでほしいなどといわれたこともあった。

 

今は逆に、ソフト・製品の説明を忘れていると職員の方から指摘され、システムの導入をすすめるようにと促されるようになった。

 

IT社会の進展が、業務処理の分野でパソコンを使ったシステムを導入することは必須の条件になってきたのであろう、まさに隔世の感を禁じ得ない思いである。