クラウドコンピューティングとは

従来のパソコンの使い方は自分のパソコンにソフトをインストールしてそれを利用するというもので、勿論作成したデータなども、パソコンに保存するというものでした。

 

これからのコンピュータの使い方は、ソフトもデータも自分のパソコンには存在させません。 パソコンにはブラウザというインターネットに接続するためのソフトだけが入っており、後は環境(インターネットに接続出来る状態)さえあればパソコンで様々なことが出来る様になるのです。

 

最近クラウドと言う言葉がよく使われますが、それはインターネット上に雲の様に広がって接続されているコンピュータ群のことを指しています。そしてそのコンピュータの中のソフトやサービスを利用する形、利用形態のことを「クラウドコンピューティング」と言うのです。

 

今、クラウドコンピューティングではオンラインオフィスによるデータ作成、情報の記録、ファイルの保存、メール、グループによる共同作業、会計処理、ホームページ作成等いろいろなクラウドサービスが提供されています。

 

いつでもどこでも必要な時に利用できること、さらにパソコンと複数のメディア(スマートフォン等)との連携も可能で、ビジネス分野における広範囲な利用が可能となって、ビジネスそのものを大きく変容させる状況になっています。

 

この利便性に加え、クラウドサービスの中には無料で提供されるサービスも多く存在し、経済性にも優れています。

これからの中小事業者の事業経営にとってこれらのサービスを効果的に取り入れ、コスト削減にも取り組みながら、従来の使い方をはるかに超えた活用へと繋げていく必要があるのです。  

 

IT社会のビジネスの多くの分野では、この広がり始めた「クラウド化」の流れは日を追って加速してきています。

パソコン会計自計化/確立支援サービス

今、パソコンを使った会計処理は多くの中小事業者で実践され活用され始めていますが、本格的に、会計ソフトを使った本来的な意味での活用は、まだこれからという状態ではないでしょうか。

 

導入作業を終え基本的な日常仕訳入力は、どうにかこなしてはいるが、決算処理などはすべて専門家に丸投げしている、又集計業務やチェック、メンテ、データ管理などすべて他人まかせにしてしまっているということはないでしょうか。

 

もし、まだその段階ならば事業経営にとってパソコン会計システムを導入したことの効果はでていないと言わざるをえません。

 

基本的な日常の入力をおさえた上で、便利で効率的な入力方法をマスターし、作業時間の短縮化を図る。

 

そして余った時間でシステム全般の理解を深め、全般的な操作・運用方法を、さらに期末処理である決算書作成や消費税処理などを把握してしまうことが必要であり、大切なのです。

 

何故ならばこの段階まできて初めて、事業の数字が見えてくる、その数字を経営に生かすことが出来るのです。

目的である計数管理が実質的に可能になってくるのです。 このことのためにパソコン会計を導入した筈です。

 

これらの一番大切なプロセスをサポートしていくサービスが弊社のパソコン会計自計化/確立支援プログラムパックから始まります。

≪当社の対応・・・・≫

 当社はパソコンの出現期から中小事業者を対象に、パソコン自体とパソコン会計の普及を図ることを主たる業務としてスタートしました。

 

パソコン会計のセミナー展開や、個別のシステム構築や個別指導を中心に業務展開を図って参りました。

 

その間、ニーズに沿う形でワード、エクセル、などの各種のパソコンセミナーも実施して参りましたが、

 

今般クラウドコンピューティング関連セミナーを開始し、クラウドコンピューティング、その普及を図るべく体制を強化致しました。

  シリーズ≪商い心を探る≫

「商いの道は、人の道なり」

 

仕事一途、商い一筋という言葉がある。それは普通、一つの仕事や一つの会社を続けることを意味しているのだろう。どんな形であっても、どんな考え方をしていてもただ一つの仕事や会社を長く続けることに最大の価値が置かれているようなところがあった。

 

時代は変わり、今はたとえ商売替えや転職をしても、どんな考え方とどんなやり方で仕事に取り組んでいるのか、が問われることになり、大切なことになってきているのではないだろうか。(続き・・